中遠広域事務組合
トップ お知らせ更新情報 中遠広域事務組合 粗大ごみ処理施設 一般廃棄物最終処分場 中遠めぐり 中遠昔ばなし ごみ探検隊 環境への取り組み リンク
トップ中遠めぐり > 中遠めぐり(平成28年11月)旧見付学校(磐田市) ←前へ戻る

中遠めぐり

(きゅうみつけがっこう)
旧見付学校
  現存する日本最古の洋風木造小学校校舎 (磐田市)

旧見付学校 現在(5階建)   旧見付学校 開校時模型(4階建)
旧見付学校 現在(5階建) 平成28年11月   旧見付学校 開校時模型(4階建) 平成28年11月
名称:旧見付学校
 (きゅうみつけがっこう)
所在地:磐田市見付2452
地図:Google Map (別ウィンドゥで表示)

 「旧見付学校」は、学制発布後まもない明治8年(1875年)に落成した現存する日本最古の洋風木造小学校校舎です。
 当初は4階建てでしたが、明治16年(1883年)に増築されて今の5階建てとなりました。
 記録によると明治14年の見付学校の生徒数は男300名・女182名の482名で、就学率(学校に行った人の割合)は66%でした。
 この建物は大正11年まで小学校として、その後は中学校、裁縫女学校、教員養成所、病院等として使用されました。現在は学校関係の資料等が展示されています。
 昭和44年、国指定史跡となっています。

(参考資料「磐田市教育委員会 旧見付学校説明看板」)

←前へ戻る

COPYRIGHT (C) CHUEN AREA JOINT ADMINISTRATION BLOC OFFICE ASSOCIATION ALL RIGHTS RESERVED. ↑このページの先頭へ