中遠広域事務組合
トップ お知らせ更新情報 中遠広域事務組合 粗大ごみ処理施設 一般廃棄物最終処分場 中遠めぐり 中遠昔ばなし ごみ探検隊 環境への取り組み リンク
トップ中遠めぐり > 中遠めぐり(平成29年3月)澤野医院記念館(袋井市) ←前へ戻る

中遠めぐり

(さわのいいんきねんかん)
澤野医院記念館
  地方医療の歴史を語る (袋井市)

澤野医院記念館 北側 医院部   澤野医院記念館 南側 住宅部
澤野医院記念館 北側 医院部 平成29年3月   澤野医院記念館 南側 住宅部 平成29年3月
名称:野医院記念館
 (さわのいいんきねんかん)
所在地:静岡県袋井市川井444-1
地図:Google Map (別ウィンドゥで表示)

 澤野医院記念館は、JR東海道線袋井駅から西北へ約2kmに位置し、江戸時代の村落から発展した市街地、袋井市川井(かわい)にあります。近隣を流れる宇刈川(うかりがわ)と沖之川(おきのがわ)の合流地点の右岸に位置し、地名の由来となったと考えられます。中世の動乱期には、交通の要衝(ようしょう)でもあるため武田、徳川などの大軍が通り抜け、江戸時代には東海道と秋葉街道(あきはかいどう)や福田港(ふくでみなと)へと通じる街道との追分として、発展をした場所です。
 澤野医院記念館は亨保(きょうほう)十二年(1727)に作られた『山名郡川井村差出明細帳(やまなぐんかわいむらさしだしめいさいちょう)』には本道(ほんどう)(内科)医としてその名が記され、代々地域医療を担っていた澤野氏より袋井市が建築物の寄付を受け、病棟、居宅、渡り廊下、洋館の四棟と便益施設の整備を行い、記念館として開館しました。
 居宅は安政(あんせい)元年(1854)に起きた大地震の翌年再建され、洋館は大正五年(1916)、病棟は昭和九年(1934)に建築されました。医療活動が拡大するにしたがい増改築し、別病棟が記念館敷地南側(ボランティアセンター敷地)への建築されていた時期もあって、多くの人々の病気を治療してきました。
 これらの建物群は袋井市の近代化と地方医療の歴史を語るものとして、病棟、居宅、渡り廊下、洋館の四棟が平成11年4月23日に袋井市指定文化財に指定されました。

開館日 土・日・祝日
(12月29日〜1月3日は休館)
開館時間 10:00〜16:00
入館無料

(参考資料「澤野医院記念館 パンフレット」)

←前へ戻る

COPYRIGHT (C) CHUEN AREA JOINT ADMINISTRATION BLOC OFFICE ASSOCIATION ALL RIGHTS RESERVED. ↑このページの先頭へ