中遠広域事務組合
トップ お知らせ更新情報 中遠広域事務組合 粗大ごみ処理施設 一般廃棄物最終処分場 中遠めぐり 中遠昔ばなし ごみ探検隊 環境への取り組み リンク
トップ中遠めぐり > 中遠めぐり(平成29年9月)杭瀬ヶ谷の池【別名 徳兵衛池】(森町) ←前へ戻る

中遠めぐり

(くいせがやのいけ べつめい とくべいいけ)
杭瀬ヶ谷の池【別名 徳兵衛池】
  伝説の残る池 (森町)

杭瀬ヶ谷の池   杭瀬ヶ谷の池
杭瀬ヶ谷の池 平成29年9月   杭瀬ヶ谷の池 平成29年9月
名称:杭瀬ヶ谷の池【別名 徳兵衛池】
 (くいせがやのいけ べつめい とくべいいけ)
所在地:森町睦実
地図:Google Map (別ウィンドゥで表示) ※周辺には駐車場はありません
★中遠昔ばなし108話でも紹介

 杭瀬ヶ谷(くいせがや)の池は、昔から徳兵衛池と呼ばれている。
 そのいわれは、
 昔、森町村に徳兵衛という若者が住んでいたが、ある日、掛川城へ行った帰り路、戸綿峠にさしかかると、水も滴るばかりの美女に出会い、誘われるように一軒家に入って行くと、鏡に向かっていたその女が、急にうしろを振り向いて、お歯黒をむき出し、「ついたかえ、徳兵衛さん」と言ってニヤリと笑った。こんなことを二度・三度とくり返すので、余りの気味悪さに徳兵衛は次第に後ずさりして、とうとうドブーンと池へ落っこちてしまった。朝がた、ここを通るとき、狐に石ころをぶっつけたので、その仕返しをされたと気付いた。その後、誰いうことなく、この池を徳兵衛池というようになった。
 と伝えられている。

(参考資料「杭瀬ヶ谷の池記念碑」)

←前へ戻る

COPYRIGHT (C) CHUEN AREA JOINT ADMINISTRATION BLOC OFFICE ASSOCIATION ALL RIGHTS RESERVED. ↑このページの先頭へ