中遠広域事務組合
トップ お知らせ更新情報 中遠広域事務組合 粗大ごみ処理施設 一般廃棄物最終処分場 中遠めぐり 中遠昔ばなし ごみ探検隊 環境への取り組み リンク
トップ中遠めぐり > 中遠めぐり(令和元年5月)ひょうの木(森町) ←前へ戻る

中遠めぐり

(ひょうのき)
ひょうの木
  小國神社の縁結びの御神木 (森町)

小國神社のひょうの木   御神木指定証
小國神社のひょうの木(令和元年5月撮影)   御神木指定証(令和元年5月撮影)
名称:ひょうの木
 (ひょうのき)
所在地:静岡県周智郡森町一宮3956-1(小國神社内)
地図:Google Map (別ウィンドゥで表示)

 イスノキは、「古事記」に登場する櫛(くし)「湯津津間櫛(ゆつつまくし)」の「ゆつ」(神聖)に由来する言葉で「ユツノキ」・「ユスノキ」・「イスノキ」と言葉が転化したといわれています。古(いにしえ)では、この木は宮中(皇室)で使われる櫛となる重要な材料にされていました。
 名称は、別名に「ひょうの木」「ひょんの木」ともいわれ、その葉には「まゆ型」の殻〈木質化〉になる特質があり小さな穴が開きます。笛のように吹くと「ひょう」という音が出るので「ひょうの実」と呼ばれています。
 当社の「ひょうの木」は特異な形状で、木肌がうねり、根元の上部から交わりながら二本の幹に分かれています。「ひょうの木」にまつわる話には、御祭神「大己貴命」(大国様)も「ひょうの実」を吹いたところ、その美しい音色に感銘を受けた女神が現れ、契りを結んだという古い言い伝えがあり、以来当社では「恋愛」「人間関係」「仕事」など様々な「縁を結ぶ」御神木として信仰されています。
 平成十六年には、森町教育委員会より天然記念物に指定されています。

遠江国 一宮 小國神社

(参考資料「ひょうの木 説明看板」)

←前へ戻る

COPYRIGHT (C) CHUEN AREA JOINT ADMINISTRATION BLOC OFFICE ASSOCIATION ALL RIGHTS RESERVED. ↑このページの先頭へ